生産改善システム KUROJIKA

現場管理が効率的に運用されているでしょうか。毎日の工事日報を作成していますか。そして、そのデータを活用していますか。私が知る限り、多くの企業では、目で見える事象に対応し、数値データの情報を軽視、あるいは、無視(あるいは利用に気がついていない)しているとしか思えません。もっと、工種別資源別投入工数や、歩掛等の現場の数値データを活用し、最善の対策を練るデータサイエンティストとしての要素も求められてきます。

コストダウンの宝庫である現場データ(ビッグデータ)をもっと重視していきたいと思います。

下記の図は、弊社KUROJIKAを活用したデータベースの活用例を記載しました。

詳しくは、KUROJIKA専用の㏋:http://www.nics-j.co.jp/

をご覧ください。

 


生産改善へのステップ

下記フロー図は、現場での情報収集及び全社の管理体制を表したものです。横軸は、現場代理人、工事課、工事課長/エキスパート、工事部長の各部署、縦軸は、着工から工事段階までの時間軸となっています。

 

従来は、現場管理を各現場で行っていますが、これからの時代、日々管理まで、現場任せではなく、インターネットを活用し、現場情報を、全社できめ細かく行う時代になってきました。

下図のように、工事課は、日々、現場の実績評価を行い、問題が発生すれば、工事部長に連絡する体制を整えます。

工事部長は、その内容を確認し、問題があれば、現場にエキスパートを派遣し、その問題点を取り除くように指導します。

 

日々工事管理をフローで表したもの。誰が何をしなければいけないのか、責任と権限を明確にしている。
日々工事管理フロー

KUROJIKAの活用

日々の実績管理を効率的に行うためのツールが、KUROJIKAです。その流れを画面を追って説明してします。

 

工事日報の入力例
                      入力例

KUROJIKAに直接、当日の出来形数量及び投入工数を入力します。

出来形数量を入力すれば、予算投入数量との比較、そして現在までの累計投入数量も表示します。

契約金額5,000万円工期6ヶ月の現場で、画面を立ち上げて入力完了するまでに、5分程度です。

 

                    工事日報出力例
                    工事日報出力例

入力を完了すると、工事日報を印刷します。

この入力フォーマットは、ISOの日々管理を兼ねています。

御社の帳票があれば、打ち出すことも可能です。

工事日報を打ち出すと同時に、残工程表も併せて出力します。

残工程の日数とともに、必要投入工数も計算します。

 

日々、残工程打ち出すため、工期の遅れがなくなります。また、機械、作業員等の人工管理もより細かくなっていきます。